スイング連シャー

スイング連シャー 1.3

甲子園の注目選手の一挙手一投足を見逃さない! 9枚の写真を連続撮影 ゴルフや野球のスイングチェックに便利

賛成票

  • 9枚の連続写真を自動撮影してくれる
  • 撮影した画像をコマ送りのように自動再生してくれる
  • 撮影した画像に「グリッド」と呼ばれる黄色い線を重ねられる

反対票

  • ピントを合わせるのが得意ではない
  • 撮影された画像は9枚1組で保管され、1枚だけを取り出すことができない

とても良い
8

スイング連シャーは、カメラを利用して連続写真を撮ることができる写真アプリです。9枚の連続写真を撮って、コマ送り映像のように再生してくれるのが特徴です。作者によるとゴルフのスイングチェック用に開発したとのことですが、野球やテニスの素振りをチェックしたり、ダーツのフォームチェックをするのにも役立つでしょう。「人の振り見て我が振り直せ」ではありませんが、自分の「振り」を見直してみるのに如何でしょうか。

アプリを起動したら、タイトル画面の「新規撮影」をタップして、撮影モードに切り替えてみましょう。シャッターボタンを押すと、3秒のカウントダウンに続いて撮影がスタートします。カウントダウンの音にうまくタイミングを合わせて、体を動かしましょう。一人で撮るよりも、友人などに頼んで撮ってもらうといいかもしれません。撮影が終わると、9枚の画像が連続表示されます。

このアプリの嬉しいところは、撮った画像に「グリッド」と呼ばれる等間隔の黄色い線を重ねられる点です。グリッドは、ストライプ(縦線)・ボーダー(横線)のほか、クロス(格子線)、サークル(円形)から好きなものを選べます。たとえばゴルフの場合は、ストライプの線とスイングする際の体の向きを比べれば、「左右のずれ」をチェックするのに便利でしょう。

ただし、動くものを撮影する特性上、ピントを合わせるのはあまり得意ではありません。「動き」を確認するために作られたアプリということで、多少のピンボケには目をつぶって使うのが良いのではないでしょうか。また、撮影された画像は必ず9枚1組で保管され、1枚だけ取り出して保存することができません。会心のショットを決めた画像が欲しいという時は、不便かもしれません。

スイング連シャーは、ゴルフや野球のスイングチェックに便利な写真アプリです。

スイング連シャー

ダウンロード

スイング連シャー 1.3

ユーザーレビュー

スポンサー×